メンズ/レディースにとらわれない“ユニセックス”がポイント?韓国ファッションにおけるアクセサリーの特徴を徹底解説。

そもそも韓国ファッションシーンでアクセサリーは人気?

韓国ファッションにおけるアクセサリーは人気があるか?

答えはYESです。

K-POPを代表するアーティストやモデルなど、系統問わず積極的にスタイリングに取り入れています。
そして注目したい点は男性/女性の性別を問わず人気という点。

韓国ファッションを取り入れる際、アクセサリーは差別化を図る意味でも積極的に使いたいアイテムだと筆者は考えます。
ネイルなどもそうですが、細かな部分まで気を使っている方はとてもオシャレですよね。

この記事では韓国ファッションの中でも、ストリート寄りのユニックスなスタイルにフォーカスしてカテゴリー別にアクセサリーをご紹介させて頂きます。

 

購入前に最低限気を付けたいポイントは?


まずは自身(もしくは贈る相手)が金属アレルギーかどうかをチェックしましょう。

価格ももちろん大事ですが、せっかく購入したアクセサリーが肌に合わず着けられない・・・なんて悲しいことだけは避けたいところ。

金属アレルギー対応のサージカルステンレスやチタンなどはタフですし、(亜鉛・すず・ニッケル)などを使用した合金とは段違いの耐性があるのでオススメです。

筆者は過去、合金素材のピアスを着用したことでアレルギー反応が出てしまいましたが、ステンレス素材のピアスに変更してからアレルギーは出ておりません(アレルギーの出やすさは個人差があるのでご注意を!)

 

どういったアクセサリーが人気?

現在メタル系のメンズライクなアクセサリーとガーリーなビーズアクセサリーが人気を二分しています。
今回はユニセックスをテーマに、どちらかというとストリート/メンズライクなスタイルを軸にアクセサリーをご紹介します。

 

ピアス

様々なアクセサリーの種類がある中、先ずはピアスを挙げさせていただきます。

形状としてフープピアス・ドロップピアスが今一番人気なのではないでしょうか。
(特に韓国アーティスト達のINSTAGRAMやMVで良く使われているのが確認できます)

ピアスは韓国ファッションではメンズがこぞって着用している印象ですが、もともと垂れ下がるピアスは女性ユーザーが多い印象。
ここ最近では全世界のストリートファッションで取り入れられています。

最近では男性も女性と同じく両耳に着けるスタイルが多くなり、様々なパターンで組み合わせることが出来るようになったので、日々のコデーィネートに合わせて楽しむことが出来ます。

 

ネックレス

次はペンダントが無いチェーンだけのネックレス。

少しボリュームがあるタイプがトレンドで、こちらは男女問わず人気があります。

オーバーサイズ/ビッグシルエットTシャツや、オープンカラーシャツに合わせたいですね。

ピアスと同じく男女問わず取り入れられており、シルバーカラーが今のトレンド。
ロングチェーン・ショートチェーンどちらも勢いがあります◎

チェーンの形・長さを意識して選ぶと失敗しません。
レディースはスリムなシルエットのチョーカータイプがシルバー/ゴールドカラー問わず支持されています。
ペンダント付のネックレスはそのブランドを代表するアイコン/ロゴや、かなり奇抜なデザインが多くなってきているなと思います。

 

ブレスレット

続いてチェーンブレスレット。

ネックレスと同じくボリュームがあるシルバーカラーが人気

秋~冬はオーバーサイズ/ビッグシルエットの人気から袖が長いトップスが多く、手首が隠れてしまうため春~夏に再燃しそう。
チェーンの形は喜平チェーン/アズキチェーンが人気ですが、個性的な形も注目されるようになってきました。

 

リング

最後に指輪をご紹介。

昔流行ったクロス・スカルなどのモチーフがハッキリしたデザインよりもシンプルでミニマルな指輪が人気

1点だけ着けるというよりも、韓国ファッションではシンプルなリングを色々な指に着けるのがトレンド。

メンズ/レディース問わずワイドリング(リング幅が広いタイプ)が支持されている印象ですが、親指・小指は細身のリングを着けるのがベター(ワイドリングを親指・小指に選ぶのは関節の可動範囲的に難しいですからね)

 

アクセサリーが映えるコーディネートは?


ずばりブラックコーデです!

土台がブラックカラーであればシルバー色/ゴールド色問わずスタイリング可能で、カラーの組み合わせが綺麗にまとまります。
シンプルなコーデであればあるほどアクセサリーがポイントとなって他のコーディネートと差別化ができ、スタイルとしてはストリートとモードが相性抜群。

男性と女性のコーディネートは最近テイストが近づきつつあり、ストリート&モードは韓国ファッションで積極的に取り入れられ人気です。
ブラックカラーを中心にオーバーサイズ/ビッグシルエットの洋服と組み合わせてみましょう!

 

まとめと記事を書いた理由


ここまでこの記事を読んでくれてありがとうございました。

何故このような内容の記事を書こうと思ったのかというと、ファッショントレンドを調査していた際に10代・20代の若い世代に韓国ファッションが圧倒的に支持されていることから、個人的に思ったことなどを織り交ぜてまとめてみようと思ったからです。

現在30歳を超えた筆者が10年前に流行っていたアクセサリーを思い返すと“メンズはモチーフがハッキリしたメンズらしいアクセサリー”・“レディースは細身でゴールド色のスタンダードなアクセサリー”でした。

伝統的なスタイルである一方、街中では本記事で紹介したアクセサリーを着けた若者が多く、世代ごとに好きなテンションが異なっているんだなと思いました。性別やスタイルの境界があいまいになってきている時代なので、自信を持って好きなファッションを取り入れていくことがとても大事だと思っています。

2020年7月に新しく始まったユニセックスアクセサリーブランド『LHME/エルエイチエムイー』は韓国ファッションにぴったりなアクセサリーを展開しています。
公式INSTAGRAMで最新情報も配信していますので、是非チェック下さいね。